地球温暖化
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
地球温暖化が進行して気温が上昇すると気候変動により様々な影響が出ると言われています。
どのような影響が考えられるのでしょうか。
20世紀末の気温と比較して考えてみましょう。

・20世紀末と比べて1度上昇までの場合
生活環境では、数億人が水不足にさらされる。
洪水と嵐による被害の増加。
熱波、洪水、干ばつによる羅漢率や死亡率の増加。
森林火災リスクの増加。
生態系では、種の分布範囲の変化。

・2度上昇の場合
低緯度で穀物の生産性が低下。
中高緯度でいくつかの穀物の生産性が向上。
最大30%の種で絶滅リスクの増加。
ほとんどのサンゴの白化。

・3度上昇の場合
1年間に沿岸洪水を経験する人が数百万人増加。
海洋の循環が弱まり生態系が変化する。
広範囲でサンゴが死滅。

・4度上昇の場合
栄養失調、下痢、呼吸器疾患、感染症の増加。
低緯度のすべての穀物の生産性の低下。
中高緯度のいくつかの地域で穀物の生産性が低下。
地球上の沿岸湿地の30%が消失。
地球規模での生物の重大な絶滅。

すでに、地球上では地球温暖化の影響が現れています。
ヨーロッパ全体では2003年熱波により5万人以上が死亡するなど大きな被害が起きました。
アメリカを2005年襲ったハリケーン・カトリーナのように強い熱帯低気圧が発生し、大雨の頻度も増加しました。
ツバルでは海面上昇により、国土が水没する危機に瀕しています。
北極の氷の融解から、ホッキョクグマが絶滅の危機を迎えています。
このように、今すぐ温暖化への対策が必要な時代となっています。
その対策も先進国、発展途上国の協力が必要です。


01/23|地球温暖化 対策:地球温暖化の影響||TOP↑
ブックマーク
地球温暖化 対策 メニュー
新着コンテンツ
全記事表示リンク
クリックお願いします
リンク
地球温暖化 対策のデータ
タグ
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。